wedding ceremony

さまざま魅力がある神社挙式【メリットを大特集】

東京都内の神社で挙式

挙式から披露宴まで開催

花嫁

最近では神社挙式を行うことができる神社が増えてきました。
新郎新婦の中にも海外挙式を希望する人もいれば神社挙式を希望する人もいます。
東京においてもその希望を叶えることができます。
神社挙式をするためには、神社側もある程度の対応が必要になります。
神社だけで進行を行うことは困難です。
新郎新婦の衣装を整えたり、親族を集めたりという細かい行程がありますので、そこは結婚式全体を仕切ってくれるプランナーの存在が不可欠になります。
東京の場合、浅草神社や赤坂氷川神社、神田明神、湯島天神など様々な神社での挙式が可能です。
また、神社挙式を行った後の披露宴会場の場所にも事欠きません。
それらも含めてプランナーが挙式から披露宴までコーディネートしてくれるので新郎新婦が直接手配する必要はないのです。
神社挙式そのものは比較的低価格で行うことができます。
東京であっても、初穂料を含めて20万円程度で衣装代込みで行うことができます。
挙式と披露宴を同時に行う場合には行程が大変ですので、挙式だけを行いたいということであれば格安で実施できます。
仮に同日に披露宴まで行う場合であっても、レストラン等で披露宴を行えば格安のプランで実施することができます。
東京で神社挙式をする場合には、都内の神社を選べば披露宴会場にできる場所が近くにある場合が多いので、挙式から披露宴までスムーズに実施することができます。
ウェディングプランナーと相談する場合には、それを念頭に決めていくことが大切です。

神社選びと披露宴会場選び

男性と女性

結婚式のカタチは様々で、昔ながらのホテルでの挙式・披露宴を行う人もいれば、レストランウェディングをする人もいます。
また、諸事情から人を呼びたくない人は海外で挙式する人も少なくありません。
そんな中、最近人気なのが、神社挙式です。
ホテルで行っていた神前式を、本物の神社でするもので、格式高い結婚式を挙げることができます。
最近でこそ神前式はホテルの中の神様の前で行いますが、本来は神社挙式が当たり前でした。
人を集めて披露宴をするために、神社ではなく、ホテルで開催されるようになっただけです。
神社挙式をあげる場合には、あまり経験がないだけに、その流れが心配な人が多くいます。
特に、神社挙式から披露宴までの流れは、うまくコーディネートしなければ、参列する方も困ります。
ホテルであれば、挙式から披露宴まで同じ施設ですから、移動や衣装替えも問題ありません。
しかし、神社挙式の場合には施設が異なりますので、うまく移動するようにしなければなりません。
神社の中には、別棟として披露宴のための会場をわ持っている場合がありますので、そのような場合は心配ありません。
別の施設で披露宴をする場合には、プランナーの人とよく相談して、スムーズに移動してもらうことです。
新郎新婦の衣装は別の場所で着替えて披露宴会場に入ることになります。
移動と着替えがスムーズにできるようにしなければなりません。
そのため、神社挙式では神社選びと共に披露宴会場選びが重要です。

和婚で気を付けたいこと

ハート

ここ数年、若い女性の間でも和風小物などが人気な為か神社挙式である神前式もひそかに人気があります。
これは文字通り神社で挙式を挙げるものです。
神社挙式ができる神社は年々増えているのですが、自由なスタイルの人前式の参加経験はあっても神社挙式には出たことがない、マナーは厳しいのではないか、などの疑問を持つ方も多いと思います。
じつは堅苦しいマナーが多いように思える神社挙式も、そこまで大変ではありません。
まず、新郎新婦が和装の式だからといって参列者が和装をする必要はありません。
親族は和装の方が多いでしょうから、特に男性は和装の正装というと羽織袴などと限られてしまうため、親族の男性陣とかぶってしまう可能性が大きいので、洋装の方がいいかもしれません。
女性の場合は、訪問着や振袖、色留袖での参列は式の格調を高めると喜ばれることが多いです。
これらの着物は華やかな柄で色とりどりなため、選ぶ際にも楽しめるでしょう。
しかし、赤や黒は新婦がお色直しで着用することが多い色なので、色が被らないか参加前に確認する気遣いは必要です。
洋装での参加ももちろん可能ですが、その際は肌の露出を控えめにしましょう。
肩がでる場合にはボレロなどを羽織り、お座敷で座ることもあるので、ミニスカートも控えましょう。
それと同時に靴を脱いで神殿に入ることもあるので、ストッキングは必ず着用しましょう。
服装が決まれば、当日も安心して挙式に参列できます。